ローディングイベント
  • このイベントはすでに終了しています。

由布院アカデミア2016年冬の会 上級編

2016年12月17日 @ 1:00 PM-2016年12月18日 @ 11:30 AM

お待たせいたしました。由布院アカデミア上級編がいよいよ開催となります。

これまでの研修の総まとめとして、心理臨床家が大切にしていきたいこと、これからの教育研修のあり方、臨床の現場で出会うジレンマなど、分かち合いを重視し臨場感のある深い学びの機会となりますよう、講師陣一同みなさんとかの語り合いを楽しみにしています。

本研修会は、がん・エイズを含む身体疾患の医療における心理職に向けた研修会の基礎編・応用編にご参加いただいた方が対象です。今回は在宅医療の視点を交えた心理臨床の展開についての基本的な考え方をおさえ、アプローチの可能性を自らが模索することを目指します。

                    2016年秋  由布院アカデミア代表 三木 浩司

12月17日(土) 第1日

時間

プログラム

 

13:30-14:00

受付

 

14:00-14:30

オープニング 挨拶と自己紹介、研修会の趣旨説明ほか

三木浩司

14:30-15:00

①これまでの研修(基礎編・応用編)振り返り  

②地域臨床も含めながら、地域臨床の視点を盛り込むことについて

小池眞規子

矢永由里子

15:00-16:30

(途中休憩あり)

在宅医療の現場から:訪問看護師の活動と心理職とのコラボレーション~事例を通して~

光根美保(鶴見病院訪問看護)/加藤真樹子

司会:栗原幸江

16:30-16:45 

休憩

 

16:45-18:30

①座談会(約30分): 事例を踏まえた話し合い

②グループワーク 1: 地域の視点を持つ心理臨床活動を具体化する

 講師全員

参加者全員

/司会:矢永由里子

19:00

懇親会

 
12月18日(日) 第2日

時間

プログラム

講師

 09:00-09:10

1日目の振り返り・リラクセーション

 長友隆一郎

09:10-09:50

講義:心理臨床の活動に地域の視点を盛り込むとは(仮)

ディスカッション

向笠章子(広島国際大学)

/司会・井村弘子

09:50-10:00

休憩

 

10:00-11:20

グループワーク2: ともに語り合う~日常臨床での難しさや工夫について、そして今後に向けて

講師・参加者全員

/司会:矢永由里子・小林真理子

11:20-11:30

まとめ・閉会の挨拶/アンケート記入・解散

 

 

定員    10名

受講料   10,000円

宿泊費および懇親会費  12,000円

申込締切  11月30日(水)

お問い合わせ  由布院アカデミア事務局 担当者: 斎藤美由紀

           E-mail:jimukyokuyufuin@gmail.com

いますぐ申し込む

※ 定員になり次第締切とさせていただきますのでお早めにお申込下さい。申込者には、申込書式と開催要項の詳細および参加費納入のご案内をいたします。

本研修会は日本臨床心理士会資格認定協会へ臨床心理士の資格継続のためのポイント申請を行う予定です。 

詳細

開始:
2016年12月17日 @ 1:00 PM
終了:
2016年12月18日 @ 11:30 AM

会場

山荘 田名加
大分県由布市湯布院町川上
+ Google Map
電話番号:
0977‐85‐4500
Webサイト
http://www.yado-santana.jp/

主催者

由布院アカデミア
Webサイト
http://yufuin-academia.com/

コメントを残す